根も名もないウワサなのに!風評被害にあった時のアクション

どうして風評被害が起きるの?

企業が出しているサービスやその企業のあり方について中傷する、または不利益になることを風評被害といいます。昔から全くなかった訳ではありませんが、ネットが浸透し誰もが気軽に利用できるようになってから風評被害の数は爆発的に増えました。 その被害について企業の場合の対策方法や、実例を紹介しています。

知らず知らずの内に知られている?

個人が風評被害にあった場合、どのようなことになるのでしょうか?実例を交えつつも、対処方法を公開することで被害にあった場合に適切な処置ができます。 ここでは個人が被害にあった事についてピックアップしていますので、思い当たる方や予防したい方は参考にしてみてください。

プロだからできる!確実な対処方法

どんなに対処をしてもどうにもならないケースや、事前に風評被害を予防したいというかたはプロに頼ると確実です。 風評被害を対処してくれるプロの手法や、一般的な費用について公開しています。 もちろん申込みの流れも公開しているので、役立つ情報だといえます。

どうして風評被害に会うの?企業編

昔の風評被害と言えば、実際に人が吹聴したりビラやチラシを配ったりすることでした。その場合は、風評被害を起こしている方が目に見えてわかりましたし、取り締まることも容易でした。
しかし近年では誰でも気軽にネットが利用でき、その匿名性を利用して風評被害をするケースが散見されています。例えば企業への風評被害として、「あの会社に昔働いていたが、ブラック企業だった。」「社員が顧客の事をバカにしている。」といったありもしないウワサを広げる、または提供しているサービスについてでっちあげるといったものがあります。
個人に関してはどうでしょうか?多くの人が利用する場所に特定できる情報を書き込みしたり、その人の不利益になることを掲載したりする場合もあります。これらをまとめて風評被害と呼び、本人や企業はもちろんですが金銭的なダメージを与えられたり、ひどい場合は社会的な生活が送れなくなったりすることもあります。
そんな怖い風評被害に自分があってしまったら?実際にあったケースを交えながら、対処方法について説明していきたいとおもいます。ちなみに風評被害を専門に対策している企業もありますので、被害にあったと感じたらまずは相談から始めるのも良いですね。
また自分が知らず知らずの内に被害をもたらせていることもありますので、ブログやSNS、掲示板を使って書き込みをする際は常に注意することが重要です。便利なネットですが、このように人の心理を使った落とし穴もあるのです。